企業のマーケティング事例 マーケティング戦略とリサーチ・経済学用語

資生堂のマーケティングとは?

資生堂は、本社を主体としたブランドマーケティング、販売会社をエリアマーケティング、チェーンストアーをストアマーケティングと3つのマーケティングに分類し活動を展開しています。


ブランドマーケティングとは?
それぞれの商品価値を消費者に共感してもらい、その商品に対するロイヤリティーを高めることです。具体的には、リーディングブランド(幅広い世代の消費者獲得)と、メリット化ブランド(チャネルのメリット化を促進)の二つに分け、ブランドの特性に合わせたマーケティングを展開することをいいます。


エリアマーケティングとは?
地域性やその店舗にあった商品(ブランド)を投入し、各店舗のメリット化を推進することで市場性の向上をめざすことをいいます。


ストアマーケティングとは?
店舗のメリットを生かしたコンセプトを明確にさせ、これにみあった品揃え、店作り、接客を行い消費者がお店に対するロイヤリティーを高めることをめざすことをいいます。


資生堂は、このような三者合作の共創マーケティングを確立させました。

それぞれのノウハウを生かした推進をし、消費者のニーズに対応した事業展開をおこなっているといえるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。