マーケティングの種類 マーケティング戦略とリサーチ・経済学用語

ブログマーケティングについて

ブログやSNSを利用したマーケティングでは、現実の世界と同じように、肯定的な意見がある中で、批判的な意見も存在します。


しかしその方が消費者はリアリティーを感じ、それぞれの意見を自分なりに解釈し、対象となる商品やサービスの価値を自分で判断します。

ブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を使ってマーケティングを行う企業が増えてきています。

というのもブログやSNSの世界では、少しの批判が逆に消費者から信頼を高める重要な要素であるからです。

この動きは、ブログやSNSから発信される口コミが購入動機に与える影響が見逃すことができないほどの威力をもっていることに各企業が気づいたことにあるのでしょう

このようなマーケティングの具体的な例として、ブログのトラックバック機能を利用した広告掲載や、企業の社長がブログを書いて行う社長ブログでのPR、mixiなどの大型SNSに公認コミュニティーを立てての情報発信、ブログやSNSにおける人気ユーザーを活用しての口コミ型マーケティグなどがあげられ、工夫次第で、多くの顧客を取り込むことがネット上では可能なのです。

ネットを活用したマーケティングは、コストの低さも魅力ですので、これから多くの企業で実践されることでしょう。

キャラクターマーケティングとは?

キャラクターマーケティングとは?
キャラクターを導入することにより、企業の製品の差別化や販売促進を図る比較的新しいマーケティング手法です。
付随して、キャラクター自体の人気が高まることにより、その価値が生まれ、新たなビジネスチャンスを得る可能性をも秘めています。


キャラクターマーケティングは、一般的にイメージアップや商品の販売促進のために他社の人気キャラクター(サンリオやディズニーなど)を用いたり、企業独自が開発したキャラクター(不二家の「ペコちゃん」やキリンビバレッジ の「生茶パンダ」など)を使用します。

キャラクターマーケティングにより、製品の性能やコンセプトを消費者により判りやすく伝えることが可能となります。

キャラクターを用いることにより、企業側でのコントロールが効きやすく、芸能人などと違い歳も取らないことから長く使ってもイメージが変わらなく、スキャンダルによるイメージダウンのリスクも軽減されます。

企業側にとって大変利点の高いマーケティングだといえますね。

マーケティングの口コミ手法とは?

今や口コミという言葉は、単なる手法のひとつとしてではなく、マーケティングにおける概念ともいえ、その口コミ手法には色々なマーケティングがあります。

例あげてみますと、
商品やサービスを特定の消費者に提供し口コミを発生させる「種まきマーケティング」といった手法
ブログなどによる実体験的なコミュニケーションを図る「ブランド・ブログ・マーケティング」といった手法
商品を共有しあうコミュニティー(グループや集い、ファンクラブ、会報誌)などを提供し消費者の共感を得る「コミュニティーマーケティング」といった手法

などがあげられます。

このように口コミひとつをとっても様々なマーケティング手法があり、それぞれが重要な役目を果たしており、私たちは、その手法によって適切な情報を得たり、そしてその情報を他へと発信しているともいえるでしょう。

マーケティングの手法をつきつめて考えてみることは決して無駄な時間にはならないと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。