マーケティングの意味とは マーケティング戦略とリサーチ・経済学用語

マーケティングの定義とは?

このマーケティングという言葉を簡単に定義すると・・・・

「企業が私たち消費者に対して、どのような製品を作れば売れるのか・どんな消費者に売ればよいのか・それをどのように売ったらよいのかといった企業組織の活動」といった概念です。

ちなみに日本マーケティング協会が1990年に発表した日本におけるマーケティングの定義とは「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である」とされています。

企業活動とはいったいどのような活動のことを指しているのでしょうか?
一般的には、私たち顧客に対してのアンケート調査、その結果で得たデーターの分析します。
分析結果による商品の開発や企画・設計、さらにそれに基づいて商品化されたものの宣伝や営業・広報、それによる流通・販促といったマーケティング活動のことだと思います。

消費者とあまり関わりのない、研究や製造などはマーケティングの定義からは離れてしまうかもいれませんね。

マーケティングの定義には?
特定の消費者に対してのコミュニケーションを図ることによっての情報収集や、固定客を確保し顧客の意識や価値を高めるといった活動も行われ、それによって顧客同士の「口コミ」といった大きなマーケティングにも繋がっていくことも大きな意味で含まれるのかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。