マーケティング戦略とリサーチ・経済学用語

ブログマーケティングについて

ブログやSNSを利用したマーケティングでは、現実の世界と同じように、肯定的な意見がある中で、批判的な意見も存在します。


しかしその方が消費者はリアリティーを感じ、それぞれの意見を自分なりに解釈し、対象となる商品やサービスの価値を自分で判断します。

ブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を使ってマーケティングを行う企業が増えてきています。

というのもブログやSNSの世界では、少しの批判が逆に消費者から信頼を高める重要な要素であるからです。

この動きは、ブログやSNSから発信される口コミが購入動機に与える影響が見逃すことができないほどの威力をもっていることに各企業が気づいたことにあるのでしょう

このようなマーケティングの具体的な例として、ブログのトラックバック機能を利用した広告掲載や、企業の社長がブログを書いて行う社長ブログでのPR、mixiなどの大型SNSに公認コミュニティーを立てての情報発信、ブログやSNSにおける人気ユーザーを活用しての口コミ型マーケティグなどがあげられ、工夫次第で、多くの顧客を取り込むことがネット上では可能なのです。

ネットを活用したマーケティングは、コストの低さも魅力ですので、これから多くの企業で実践されることでしょう。

Webサイトマーケティングとは?

Webサイト上で行うマーケティングには?
一般消費者にアンケートを実施し市場調査をすることや、商品やサービスの情報を発信すること、企業理念やIR情報の発信などがあげられます。


また近年普及してきているインターネットショッピングにおける、Web上での商品売買やサービス請負などの取引や、その顧客をサポートすることなどもあげられます。

電子メール(メルマガなど)や、特定企業間の電子商取引(ロゼッタネットなど)、戦略的なドメイン名活用、オンライン動画配信なども含まれてきます。

このようなWeb戦略を効率的に運ぶためには、ログ解析によるWeb上での顧客の行動パターンの的確な分析が重要となってきます。

Webマーケティングの重要性は、インターネットは限定された特定の集まりではなく、各地域、各世代が集まったマスメディアだからです。

このようなことから、インターネット上での広告市場は増え、今やラジオの広告市場を上回ってしまいました。

最近では、中小企業向けのWebマーケティング構築を提供する企業も増え、大きな市場への進出が比較的簡単に可能となったのもひとつではないでしょうか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。